憲法9条 守る?変える?全国投票11 呼びかけ文

憲法9条 守る?変える? 全国投票11 呼びかけ文

 2007年、憲法改正のための国民投票法が成立し、改憲に向けて重大な一歩が踏み出されました。それに基づき、すでに衆参両議院において改憲のための憲法審査会が設置されています。
 憲法改正の核心は「戦争の放棄」を定めた憲法9条です。9条の改定は、戦後史を画する最重大事であり、日本の将来に決定的な影響を及ぼすに相違ありません。
 政治の世界で進む9条改定の動きを国民はどう見ているのでしょうか。 私たちは、このことを市民の手で確かめるために、2006年から毎年、憲法記念日に「憲法9条 守る?変える?全国投票」を行ってきましたが、今年も実施することにしました。
 投票は、(憲法9条を)守る、変える、わからないの3つの部分に区分けされた(一枚の)投票ボードを街頭に設置し、通りかかる市民に丸いシールをボードに貼ってもらうことによって自らの意思を表示してもらいます。この方法は最も気軽に投票してもらうことができ、効率的、かつ公正に市民の意思を確認できる方法です。
 全国投票の実施期間は2011年4月23日(土)~5月5日(木)です。 この期間の都合のいい日を選んで実施してください。
 全国の投票結果は、総理大臣、衆参両院議長をはじめ、すべての国会議員に届けます。投票の詳細は下記のウエブサイトをご覧ください。
          http://qzelev.exblog.jp/
 全国投票が成功するかどうかは、全国でどれだけ多くの地域でこれに取り組んでいただけるか、そしてどれだけ多くの投票を集約できるかにかかっています。昨年は全国61箇所で投票を行い、13778票を集約しました。今年は、地震、津波、原発事故といった未曾有の天災、人災に見舞われましたが、改憲の流れは止まっていません。9条改定に関心をお持ちの全国の個人、団体のみなさんの全国投票へのご参加を呼びかけます。
   2011年4月10日

呼びかけ人
 浅井 基文    広島市立大学広島平和研究所前所長
  安斎 育郎    立命館大学名誉教授、安斎科学・平和事務所所長
 井口 秀作    大東文化大学法科大学院教授(憲法学)
 池住 義憲    元自衛隊イラク派兵差止訴訟の会代表 
 池田香代子    翻訳家
 伊藤 真     伊藤塾塾長
 伊藤 成彦    中央大学名誉教授 
 上原 公子    国立市前市長
 岡本 三夫    広島修道大学名誉教授
 奥平 康弘   憲法学者 東京大学名誉教授
 川口 創     弁護士
 きくちゆみ  ハーモニクスライフセンター/グローバルピースキャンペーン
 斎藤 貴男    ジャーナリスト
 高山 俊吉    弁護士
 寺尾 光身    名古屋工業大学名誉教授
 豊島 耕一    佐賀大学理工学部教授
 西谷 文和    ジャーナリスト
 福田 雅章    一橋大学大学院法学研究科名誉教授、DCI日本支部代表
 毛利 正道    弁護士
 山口 正紀    ジャーナリスト 
 矢山 有作    元衆議院議員  
 ジャン・ユンカーマン 映画監督 


          事務局 野田隆三郎(岡山大学名誉教授)# by qzten | 2010-02-15 22:15
[PR]
by qzelev | 2011-05-03 21:47 | 呼びかけ文